オキショーのぶちかまし競馬予想ブログ
オキショーのぶちかまし競馬予想ブログ > 2016予想結果報告 > 【天皇賞(秋)2016】予想と出走馬考察|モーリス・ルージュバックなど有力馬の評価は?

【天皇賞(秋)2016】予想と出走馬考察|モーリス・ルージュバックなど有力馬の評価は?

 

今回は天皇賞(秋)2016の予想と出走馬考察を書いていきます。

 

いやぁ、今年の天皇賞秋は豪華なメンツが揃いましたね!

 

毎日王冠ワンツーのルージュバックにアンビシャス、世界のマイル王モーリス、

 

そして国内初G1制覇を狙うエイシンヒカリなど古馬のトップクラスの

 

馬たちが集結した印象で今から興奮が収まらない状態です(笑)

 

正直今年は上位のどの馬が勝ってもおかしくないような強メンツの戦いなので

 

軸馬選びが非常に難解になってくると思います。

 

ただこのレースは自分の中ではある程度仕留め方を掴めていると思っているので

 

しっかりと一週間考えて結論を出していきたいところです。

 

では予想していきましょう。

 

201604240001-spnavi_2016042400001_view

【PR】イチオシ情報を無料公開中!

 

 

 

まずは先週の結果報告から。

 

先週は菊花賞で馬連・ワイド・3連複と的中することができました!!!

 

詳しくは前回の記事で書きました。

 

 

この記事【菊花賞2016結果】完全的中!

 

 

 

 

実は菊花賞は1か月前くらいから自信があったのですが

 

枠順を見た瞬間に「これやばいな…」と思ったのも事実です。笑

 

もともと狙う予定だった馬が最悪の枠順に入ったことで予想を全てリセット。

 

逆らわずにサトノダイヤモンドから入って穴推奨にレインボーラインを指名。

 

しっかりと仕留めることができてホッとしています。

 

この流れを生かして得意レースの天皇賞秋も仕留めたいところです!

 

この一週間全身全霊で予想に取り組んでいきます!

 

ではそろそろ天皇賞秋の出走馬考察に入っていきましょう。

 

 

 

 

 

 

まずは予想オッズを見ておきます。

 

 

 

 

1 モーリス     3.3

 

2 ルージュバック  3.9

 

3 エイシンヒカリ  4.8

 

4 アンビジャス   5.4

 

5 ステファノス   7.5

 

6 ラブリーデイ   8.5

 

7 リアルスティール 13.8

 

 

 

 

これを見ただけでも半端ないメンツですね。笑

 

ただ一つ言えることは…

 

 

 

絶対的な存在がいないということ。

 

 

 

おそらく当日のオッズも相当割れてくると思うので妙味も出てくるはず。

 

一発人気の盲点からブチ仕留めたいところです。

 

では一頭ずつ見ていきましょう!

 

 

 

天皇賞(秋)2016出走馬考察

 

 

 

モーリス

 

 

世界のマイル王が札幌記念を叩いてここに参戦。

 

馬が本格化してからはG14勝含む9連対中という疑いのない強さ。

 

ただ香港から帰ってきての2戦は単勝1倍台を2度裏切っているが

 

そして初の2000m戦に使われた札幌記念の内容は単純に物足りない。

 

常に外を回らされたのと道中で行きたがった分が最後止まった原因だと思うが

 

それにしてもレインボーラインににクビ差まで迫られた。

 

レインボーラインは菊花賞で2着に走ってるように力はあるが

 

それにしても今までマイルで見せていた走りとは違うものがあった。

 

やっぱり2000は長いし折り合いに不安があるのは否めない。

 

あともう一つ不安材料を上げるならば左回りでのパフォーマンス。

 

本格化してからの右回りのマイル戦では着差をつける完勝を続けていたが

 

左回りでは去年の安田記念のヴァンセンヌとクビ差だったり

 

今年の安田記念では調整不足だったとはいえ3着のフィエロにまで迫られた。

 

ここではどう考えても絶対的存在と言えないし個人的には軸にはしない予定。

 

正直人気するなら消したいくらいだが鞍上だけが非常に怖い。

 

ムーアとの相性は抜群だし去年の秋のムーアの活躍もすごかった。

 

この馬に関しては最後まで取捨を迷うことになりそう。

 

 

 

 

 

 

ルージュバック

 

 

エプソムカップで2着以下をブッチ切り、前走の毎日王冠でも

 

直線アンビシャスとの叩き合いを制して文句なしの完勝。

 

ここでも有力視されるでしょうし下手したら一番人気になりそうな勢い。

 

ただ前2走は完璧にハマった感があるのは否めない。

 

東京千八というベストな条件で馬群に揉まれると力が出せないこの馬にとって

 

2戦続けて外目の枠を引けたという運も味方した勝利だった。

 

さらに2戦ともスローからの上がり勝負というこの馬にベストな流れ。

 

前走は外が伸びる馬場だったのも味方して全てがハマった。

 

今回はエイシンヒカリが逃げるでしょうからペースも流れるはず。

 

それなりに持久力を求められる展開になった時にあの脚が使えるかは微妙。

 

オッズほど妙味がある馬ではないか?

 

 

 

 

 

 

エイシンヒカリ

 

 

一時はワールドベストレースホースランキングで一位になったこの馬が

 

国内初G1制覇と去年の屈辱を晴らしにこのレースに登録してきた。

 

勝つか凡走かハッキリしている馬で負ける時は全く走らない。

 

前走は非常に状態も良かったしなぜ走らなかったか鞍上もわかっていない。

 

去年の天皇賞ではかなりレース前に入れ込んでいたのも敗因の一つでしょうが

 

クラレントにハナを奪われて自分のペースが乱れたのも大きかった。

 

今回はまずハナを奪ってくるはずでキレ勝負にならないような

 

絶妙な逃げを武豊はうってくるはず。そうなれば侮れない。

 

掴みづらいが休み明けは4戦4勝のパーフェクト。

 

状態さえ良ければ好勝負になってもおかしくないでしょう。

 

ただこのレースは逃げ馬が壊滅的な成績なのが気になる。

 

 

 

 

 

 

アンビシャス

 

 

前走は明らかに仕上がり途上だったがそれでもあの走り。

 

しっかり折り合いさえつけば相当強いパフォーマンスをする馬で

 

今回も課題は折り合いだけでしょう。ノリさんの乗り方次第か。

 

去年も絶好枠を引いたが折り合いを欠いて最後は失速。

 

宝塚記念でも距離が長かったが折り合いを欠いて失速。

 

ルメール騎乗の時は5戦5連対と完璧なだけに

 

今回るメールからノリさんに変わるのはマイナスでしょう。

 

もちろんここに向けて状態をあげてくるでしょうし

 

折り合いさえつけばこの相手でも突き抜けるだけの力はある。

 

 

 

 

 

 

ステファノス

 

 

前走はまさかの直線どん詰まりで脚を余した。

 

最後の伸び脚を見てもアンビシャスやルージュバックのように

 

外に出していれば突き抜けていた可能性もある。

 

この条件は去年も2着に好走しているし、長くいい脚を使うので

 

府中の2000mはこの馬にとってベスト条件といえるでしょう。

 

一度叩いて良くなるタイプだしそれに答えるだけの厩舎力もある。

 

普通に考えれば今回は巻き返す番だし力も足りる。

 

ただ前走のドン詰まりにはもう誰もが気付いているし

 

叩き2走目の藤原厩舎でここが狙い目なのは明らかすぎるので

 

当日は人気するでしょうし美味しいと思えるほどのオッズにはならなそう。

 

あくまで人気馬の一頭として考えないといけない馬だと思います。

 

もちろん追い切り次第では軸まで考えてます。

 

 

 

 

 

 

ラブリーデイ

 

 

去年の一番人気馬で去年の覇者でもある馬。

 

ただ最近はレースぶりを見ても去年ほどの勢いは感じられず、

 

去年は重賞を6勝していたのに対して今年は4戦して3着が最高。

 

さすがに去年の疲れが残っていたのもあるが衰えは感じる。

 

ただここ2戦の内容はそこまで悪くないかなと思ってます。

 

宝塚記念は抜群の手応えで直線突き抜けるかと思わせたほどで

 

最後の失速は馬場が渋っていた影響もあったはず。

 

それでもステファノスには先着しているし悲観する内容ではない。

 

前走もラストは止まったが距離が長かったのと休み明けの分もあった。

 

確かに去年はそれでも楽勝していたので去年よりは力はないが

 

もしここでメイチ仕上げでくれば侮れない存在でしょう。

 

久々のベスト距離というのもプラスで人気落ちなら美味しい。

 

 

 

 

 

 

リアルスティール

 

 

アンビシャス同様、現4歳世代のトップクラスの力を持つ馬。

 

ドゥラメンテがいたのでクラシックを勝つことはできなかったが

 

菊花賞なんかは乗り方一つで勝ててよかったレース。

 

とにかく福永が常に無難に乗ってきたため勝ちきれないレースが続いたが

 

ドバイではムーアが完璧に乗って完勝の内容。

 

そういう意味では今回デムーロに変わるのはプラスで

 

もちろん頭まで突き抜けるだけの能力はある馬。

 

ただ毎日王冠を回避した分順調さを欠いた。

 

陣営は回避した分調子はもっと良くなったと発言しているが実際はどうか。

 

距離的にも先のジャパンカップよりここの方が合っているし

 

ここを取りに来た方がいいと思うのが正直な意見なのですが…

 

追い切りななど見て状態面をじっくり判断していきたいところです。

 

 

 

 

 

天皇賞(秋)2016出走馬考察まとめ

 

 

 

こう見ても今年は上位人気馬が強い。

 

どの馬が勝ってもおかしくなさそうで当日はオッズも割れてくるでしょう。

 

ただ上位人気馬はどの馬も不安を抱えているのは事実。

 

 

 

 

モーリス → 距離・左回り

 

ルージュバック → 枠・展開

 

エイシンヒカリ → 逃げ切るのは至難の舞台

 

アンビシャス → 折り合い

 

ステファノス → 特になし笑

 

ラブリーデイ → 年齢による衰え

 

リアルスティール → ローテ・状態面

 

 

 

 

ステファノスはあまり不安材料はないですが

 

結局人気するなら妙味があるとは言えないですよね。

 

今年はレベルは高そうですが絶対的存在がいない。

 

そして意外にもこの7頭の中で国内のG1を勝っているのは…

 

 

 

モーリスラブリーデイのみ。

 

 

 

これが絶対的存在がいないと言える理由でもありますし

 

実際どの馬も凡走したって驚けないですよね…

 

 

 

 

 

 

ということで全く人気はなさそうですが

 

国内G13勝のこの馬は爆穴候補と言っても良さそうです。

 

 

 

この馬人気ブログランキングへ

 

 

 

確かにこの条件は合わないように思う。

 

東京や京都じゃキレ負けするし多少ペースが流れないと厳しい。

 

ただ、今年はエイシンヒカリという逃げ馬がいます。

 

おそらく武豊騎手が絶妙なペースで逃げるのは目に見えてますし

 

以外と今年は上がり勝負にはならない可能性も?

 

ならばこの馬が好位から粘り込んでも全く驚けないですね。

 

 

 

 

 

【オキショーのぶちかましメルマガ】

 

 

こちらの無料メルマガでは毎週の重賞の予想や

 

週末の平場の狙いレースの予想などを無料で配信しています。

 

価値ある情報をお届けできればと思っていますので

 

気になる方は気軽に登録お願いします!

 

こちら→【無料メルマガ】登録はコチラからです!

 

 

 

 

【Follow大歓迎です!】


LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

オキショー

このブログでは競馬で勝ち続けるための予想法や感じたこと、そして週末の重賞の予想見解などをガンガン更新していきます。 予想法は妙味重視です。 最終的に盲点となっている馬を狙いうちします。

関連記事

スポンサーリンク

トラックバックURL

http://okisyokeiba.com/wp-trackback.php?p=1608