オキショーのぶちかまし競馬予想ブログ
オキショーのぶちかまし競馬予想ブログ > 2016年競馬予想記事 > 【みやこステークス2016】予想と出走馬考察|アスカノロマン・グレンツェントの評価は?

【みやこステークス2016】予想と出走馬考察|アスカノロマン・グレンツェントの評価は?

 

みやこステークス2016の予想と出走馬考察を書いていきます。

 

今年のみやこステークスは各世代から力のある馬が揃いました。

 

強力3歳世代からはグレンツェント、ラニらが参戦。

 

実績十分の古馬相手にどんなレースを見せるのか注目ですね。

 

ダート重賞にしてはここ3年を見ても比較的配当が見込めるレース。

 

ガッツリ勝負していきたいと思ってます。では予想していきましょう。

 

7c2ec18b84186c29713ad7b8da0507ba

【PR】イチオシ情報を無料公開中!

 

 

 

まずは予想オッズから。

 

 

 

1 アスカノロマン    2.6

 

2 モーニン       3.7

 

3 ラニ         4.7

 

4 グレンツェント    6.0

 

5 ロワジャルダン   12.3

 

6 アポロケンタッキー 14.6

 

7 モンドクラッセ   21.3

 

 

 

 

平安ステークスをぶっちぎって本格化したアスカノロマンが一番人気。

 

モーニンは回避か?と思われますのでおそらく続くのは

 

グレンツェントとラニの強力3歳勢でしょうね。

 

ロワジャルダンは去年の覇者とはいえ最近の走りから人気落ちは確実。

 

おそらくオッズも拮抗してきそうですね。

 

では一頭ずつ見ていきましょう。

 

 

 

みやこステークス2016出走馬考察

 

 

 

アスカノロマン

 

 

前走の南部杯は4着に敗れたがやはりマイルでは忙しかった。

 

負けた相手もコパノリッキー、ベストウォーリア、

 

ホッコータルマエと一線級だしここでは威張れる内容でしょう。

 

驚いたのは平安ステークスの内容で完全に本格化したことを証明。

 

あれ以来の京都コースとなれば巻き返しは確実か。

 

去年は4着に敗れているがあの時とは既に別馬になっている。

 

最近の和田騎手はめちゃめちゃ乗れているしここはまず好勝負か。

 

 

 

 

 

 

ラニ

 

 

帰国初戦の前走は馬も仕上がっていなかったか案外の内容。

 

陣営も急仕上げだったと言っているし悲観する内容ではないか。

 

ミツバがまさかの大逃げをした展開も想定外だっただろうし

 

最後はしっかり伸びてきているのを見てもやはり能力はある。

 

未勝利戦でこの舞台への適正は見せているし右回りも問題なし。

 

ヒヤシンスステークスの内容を見てもこの世代でも能力は上位で

 

状態さえ上向いていればここでもやれる力はある。

 

 

 

 

 

 

グレンツェント

 

 

この世代でも能力はトップクラスのものがあるが不器用な面を

 

レースで見せて完全燃焼で終わることが多かった。

 

ただ、青竜ステークスや前走を見ても理想は中断前目の競馬で

 

競り負けない勝負強さと末脚の爆発力を持っている馬。

 

うまく乗った時の能力は相当で今回も位置どりが鍵になるか。

 

京都千八の舞台も問題なし。頭まで突き抜ける可能性十分。

 

 

 

 

 

 

ロワジャルダン

 

 

去年の覇者。舞台設定は間違いなく合うしリピーターが多いレースで

 

今年も期待はできるかもしれないが最近のレースぶりは不甲斐ない。

 

去年も雨で湿った馬場が向いた感はあるし今年は良馬馬濃厚。

 

全く質の違うレースになる可能性は高いし個人的には押しづらい。

 

おそらく位置を取りに行くと終いの脚がなくなる馬で

 

今回は腹をくくって後方から行けるかどうかだと思う。

 

ただ、そういうレースになると展開的に厳しくなりそうで…

 

 

 

 

 

 

アポロケンタッキー

 

 

一戦ごとに確実に力をつけて初の重賞挑戦となったシリウスSで

 

厳しい斤量を背負いながらも3着に突っ込んできた。

 

休み明けは全く走らない馬なのであのレースは評価できる。

 

ただ前走はミツバにレースを潰されたとはいえ負けすぎか。

 

一度叩いた上積みを考えてもせめて格好はつけて欲しかった。

 

いきなりこのメンバー相手では少し押しづらくなった気も。

 

京都千八が合う感じもあまりしないですし…

 

 

 

みやこステークス2016出走馬考察まとめ

 

 

 

今年は上位陣の取捨選択がもっとも重要になりそう。

 

3歳世代を上に取るのか?それとも古馬を上に取るのか?

 

ここら辺を適正なども考えながら考えていきたいところです。

 

 

 

 

では最後にこの舞台だからこそ一発ある穴馬をあげておきます。

(メルボルンカップの注目穴馬もあげておきます)

 

 

 

この馬人気ブログランキングへ

 

 

 

今回はおそらく斤量面が嫌われて人気しないはず。

 

ただこの馬が最も得意としている京都千八ならば一発ある。

 

前走は長期休み明けでも最後はいい脚を使っていた。

 

一度叩いたココは状態もあげてくるはずで期待したいですね。

 

 

 

 

メルボルンカップの注目穴馬は長距離線でこそ狙うべき馬。

 

3200メートルのG1オークランドカップを制し、

 

同距離のシドニーカップでも去年2着、今年4着と好走。

 

そもそも一昨年のこのレースでは3着に好走しているし適正は間違い無し。

 

リピーターが目立つこのレースなだけにボウマンの乗り方次第では

 

大穴をあけるシーンも十分に考えられる。単複勝負です。

 

 

 

 

 

【オキショーのぶちかましメルマガ】

 

 

こちらの無料メルマガでは毎週の重賞の予想や

 

週末の平場の狙いレースの予想などを無料で配信しています。

 

価値ある情報をお届けできればと思っていますので

 

気になる方は気軽に登録お願いします!

 

こちら→【無料メルマガ】登録はコチラからです!

 

 

 

 

【Follow大歓迎です!】


LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
オキショー

オキショー

このブログでは競馬で勝ち続けるための予想法や感じたこと、そして週末の重賞の予想見解などをガンガン更新していきます。 予想法は妙味重視です。 最終的に盲点となっている馬を狙いうちします。

関連記事

スポンサーリンク

トラックバックURL

http://okisyokeiba.com/wp-trackback.php?p=1659