オキショーのぶちかまし競馬予想ブログ
オキショーのぶちかまし競馬予想ブログ > 2016年競馬予想記事 > 【 安田記念2016 】過去の傾向〜穴馬の激走パターンとは〜

【 安田記念2016 】過去の傾向〜穴馬の激走パターンとは〜

 

今回は安田記念2016の過去の傾向について書いていきます。

 

毎年波乱傾向にあるこのレースですが今年はどうなるのか。

 

13頭立てのレース濃厚で王者モーリスもいるのでここは荒れないでしょ。

 

なんて思う人も今回は多いと思いますが

 

そんな時ほど予期せぬ大荒れなんてレースを何度も見てきましたので

 

そう簡単に今年は荒れないとは決めつけずに

 

過去の傾向を見ながらしっかり結論を出していきたいですね。

 

 

 

chopper-scop0

 

 

 

ではまず過去10年の傾向から見ていきます。

 

 

【PR】イチオシ情報を無料公開中!

 

 

 過去10年の傾向

 

 

年齢

 

 

4歳馬  【 2 . 2 . 1 . 29 】 連対率12%

 

5歳馬  【 3 . 3 . 3 . 50 】 連対率10%

 

6歳馬  【 3 . 2 . 6 . 37 】 連対率10%

 

7歳以上 【 1 . 3 . 0 . 30 】 連対率12%

 

 

 

このデータを見る限り高齢馬だからって軽視するのは危険です。

 

今年はフィエロクラレントダノンシャークディサイファが7歳以上ですが

 

どの馬も人気しないと思いますし逆に年齢で嫌われてオッズがつくならオイシイと言える。

 

 

 

 

 

所属

 

 

関東馬 【 5 . 2 . 3 . 45 】 連対率13%

 

関西馬 【 4 . 7 . 6 . 84 】 連対率11%

 

外国馬 【 1 . 1 . 1 . 19 】 連対率9%

 

 

 

関東圏、関西圏の差はそこまでありません。

 

そして外国馬が3頭馬券に絡んでいます。見てみると

 

 

 

ブリッシュラック   3人気 1着

 

ジョイフルウィナー  8人気 3着

 

アルマダ       5人気 2着

 

 

 

3頭とも人気はそこまでしていませんでした。

 

外国馬なんてわかんないからいらないっしょ。的な考えは危ないと言えます。

 

今年は香港からコンテントメントが参戦。

 

この馬のことについてはどこかの記事で詳しく書きたいと思っています。

 

 

 

 

 

ローテーション

 

 

傾向がそこまで出ていなかったので一応クラス別で見ていこうと思います。

 

 

 

G1組  【 4 . 1 . 1 . 26 】 連対率16%

 

G2組  【 1 . 7 . 8 . 76 】 連対率9%

 

G3組  【 1 . 0 . 0 . 9 】   連対率10%

 

OP特別  【 1 . 0 . 0 . 12 】 連対率8%

 

海外組   【 3 . 2 . 1 . 22 】 連対率18%

 

 

 

国内G1組が4勝とよく走ってますね。

 

ちなみにステップレースに使われるマイラーズカップと京王杯スプリングカップですが

 

どちらも成績は散々な結果となっています。

 

 

 

マイラーズC   【 0 . 2 . 6 . 29 】 連対率9%

 

京王杯SC    【 1 . 3 . 1 . 31 】 連対率5%

 

 

 

あとは海外組の馬がよく走っているので

 

海外帰りというだけで嫌うのは良くないと言えます。

 

今年はモーリスとリアルスティールが海外帰りですがどうでしょうか。

 

2頭とも人気を背負う立場なのでやはり追い切りを見て判断したい。

 

 

 

 

 

脚質

 

 

逃げ 【 0 . 1 . 0 . 9 】  連対率10%

 

先行 【 4 . 1 . 2 . 26 】  連対率15%

 

差し 【 6 . 5 . 4 . 75 】  連対率12%

 

追込 【 0 . 3 . 4 . 38 】  連対率7%

 

 

 

馬券内で見れば追込み馬でも突っ込んでこれますが

 

勝つとなると極端に後ろからでは届かない。

 

あくまで展開次第といったイメージですね。

 

 

 

 

 

枠順

 

 

1枠 【 1 . 2 . 1 . 16 】 連対率15%

 

2枠 【 3 . 1 . 3 . 13 】 連対率20%

 

3枠 【 2 . 2 . 0 . 16 】 連対率20%

 

4枠 【 0 . 0 . 1 . 19 】 連対率0%

 

5枠 【 2 . 1 . 0 . 17 】 連対率15%

 

6枠 【 0 . 1 . 2 . 17 】 連対率5%

 

7枠 【 1 . 2 . 0 . 25 】 連対率11%

 

8枠 【 1 . 1 . 3 . 25 】 連対率7%

 

 

 

内枠有利の傾向ですね。

 

3枠より内に入った馬には要注目です。

 

 

 

 

 

 過去傾向から穴馬を見つけ出す

 

 

過去のレースを何度も見返しましたが

 

まずこのレースは展開を考えるのがかなり重要になってきます。

 

去年こそそれなりに落ち着いたペースで流れましたが

 

過去何年かさかのぼって見てるとだいたい前半600mは流れる展開になることが多い。

 

なのでラスト600mもキレ勝負というよりはキレと持続力が両方求められる展開になっています。

 

過去10年の激走した穴馬の4コーナーの通過位置を見てみると

 

 

 

アサクサデンエン  15番手

 

ジョイフルウィナー 12番手

 

ジョリーダンス    5番手

 

エイシンドーバー   6番手

 

ファリダット    18番手

 

ショウワダモン    8番手

 

リアルインパクト   3番手

 

グランプリボス   10番手

 

ダノンシャーク    11番手

 

ショウナンマイティ  15番手

 

 

 

とにかく後方から突っ込んでくるパターンが多い。

 

東京の直線が長いということもあると思います。

 

ただ今年に関してはどうでしょうか。

 

まず13頭立ての少頭数レースになること自体が例年とは違う流れですので

 

例年よりさらに展開を考えるのが重要になってくると思います。

 

枠順もまだ出ていませんのでなんとも言えないですが

 

今年のメンバーを見渡すかぎり明らかに逃げ馬不在

 

どう考えても緩い流れになると考えるのが妥当ですし

 

そうなるとある程度前にいけて早い上がりが使える馬が狙い目となりそう。

 

 

 

 

 

今年の激走穴馬候補は?

 

 

今年は間違いなくガッチガチの決着になる!

 

なんて思っている人が多そうなので上位人気と下位人気の差が激しいオッズになりそう。

 

そうなると穴馬の妙味も出てきますので狙う価値はあると思います。

 

やはりこの馬が面白いんじゃないでしょうか。

 

 

この馬 ⇒ 人気ブログランキングへ

 

 

いかにも感がありますのでオッズとの相談になりますが

 

毎回人気にならない馬ですし年齢も嫌われて盲点になってくるようなら

 

狙う価値はある馬だと思いますよ!

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

オキショー

このブログでは競馬で勝ち続けるための予想法や感じたこと、そして週末の重賞の予想見解などをガンガン更新していきます。 予想法は妙味重視です。 最終的に盲点となっている馬を狙いうちします。

関連記事

スポンサーリンク

トラックバックURL

http://okisyokeiba.com/wp-trackback.php?p=203