オキショーのぶちかまし競馬予想ブログ
オキショーのぶちかまし競馬予想ブログ > 2016年競馬予想記事 > 【 マーメイドステークス2016 】最終追い切り診断〜あの穴馬が絶好の仕上がり⁉︎

【 マーメイドステークス2016 】最終追い切り診断〜あの穴馬が絶好の仕上がり⁉︎

 

今回はマーメイドステークス2016の最終追い切り分析を行っていきたいと思います。

 

気づけばもう週末がやってきましたね!!!

 

今週はG1レースがないとはいえ日曜日は重賞2本立て。

 

枠順も決まり両重賞ともかなり面白いレースになりそうかなと感じています。

 

はい、今週はかなり攻めます!!!

 

特にこのマーメイドステークスは枠順、調教を見て結構勝負したいレースになりました。

 

一発ドでかい万馬券をゲットして夏競馬最高のスタートダッシュをかましたいです。

 

ではまず有力馬の最終追い切りを見ていきましょう。

 

 

20160608-00000062-tospoweb-000-1-view

 

 

【PR】イチオシ情報を無料公開中!

 

 

 有力馬の最終追い切り診断

 

 

 

シュンドルボン

 

 

6/8(水) 美浦南W 良 2頭併せ 馬なり

 

4F 50.9 – 38.2 – 12.6

 

 

 

素晴らしい時計に素晴らしい動き。

 

一杯に追われるパートナーを馬なりで楽々突き放しました。

 

これは文句ない仕上がりですね。

 

今回56キロのハンデを背負うことになりますがここでは実力最上位。

 

内回りコースの適性も問題ないですし

 

外枠を引きましたが14頭立てですし中山牝馬ステークスでも大外枠で何の問題にもしなかった。

 

ここからは入りませんが上位評価は必要かと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ナムラアン

 

 

6/8(水) 栗東坂路 重 単走 G前仕掛け

 

4F 54.2 – 38.8 – 24.8 – 12.6

 

 

 

あまり時計を出すタイプではありませんが平凡。

 

1週前もそれほど強く追っていませんし今回も最後に仕掛ける程度。

 

よくて前走時の出来キープくらいまでか?

 

ただスッと先行できるこの枠はこの馬にとってベストか。

 

牡馬相手にも好勝負をしてきた実績もありますし

 

人気だからといって消すことはできないですが押さえまでか。

 

 

 

 

 

 

 

レッドオリヴィア

 

 

6/8(水) 栗東坂路 重 単走 G前強め

 

4F 53.3 – 38.6 – 24.9 – 12.3

 

 

 

中間は馬体を維持するために馬なり調教。

 

今回は最後だけ強めに追う内容でなかなかの動き。

 

レースも道中は脚を溜めて末脚勝負でしょうか。

 

軽ハンデを生かしてうまくハマれば面白いです。

 

パールステークス組は例年有力ですしあとは鞍上の秋山次第か。

 

小柄な馬なだけに当日の馬体重には注目したいです。

 

 

 

 

 

 

 

ココロノアイ

 

 

6/8(水) 美浦南W 良 単走 馬なり

 

4F 55.5 – 40.3 – 12.7

 

 

 

時計平凡ですね。

 

もともと折り合いに難がある馬ですが調教でも少し折り合いを欠いていた。

 

そこが少し不安ではあります。

 

前走は5か月の休み明けでしたのでここは上積みが見込めるはずですが

 

調教からは特に良くなっている感じが伝わりませんでした。

 

あとは今回最内枠を引きましたが最内枠の内回りのノリさんって…

 

インどん詰まりでまったく追わずに回ってくるだけというパターンも考えておいた方いいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

リラヴァティ

 

 

6/8(水) 栗東坂路 重 2頭併せ 一杯

 

4F 53.0 – 38.9 – 25.4 – 12.8

 

 

 

最後まで集中して走れている感じで好感触。

 

前走時の出来はキープできていると思います。

 

あとは自分の競馬ができるかが重要になってくるか。

 

枠順は外目ですが隣に行くであろうウインリバティがいるのはいいですね。

 

そのまま番手をキープできそうな流れになるか。

 

ただペースが緩むかとなると別の話。

 

展開次第といったところではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

ハピネスダンサー

 

 

6/8(水) 栗東坂路 重 単走 馬なり

 

4F 53.0 – 38.2 – 24.8 – 12.4

 

 

 

今回も前走と同じNFしがらき帰りで参戦。

 

毎回時計は全く出ない馬ですが今回は馬なりでこの時計ならこの馬にしては良い。

 

一度放牧を挟んだことで一気に状態が上向いてきたか。

 

枠もこの馬にとっては良い枠を引けましたし鞍上の川田騎手はこの舞台は大得意。

 

好位から競馬ができそうで結構有力かと思います。

 

 

 

 

 

 

 

ざっと有力馬を見てきましたがシュンドルボン、ハピネスダンサーあたりがよく見えました。

 

しかしこのレースは牝馬限定戦+ハンデ戦と波乱必至のレース。

 

ここは穴から入って特大回収といきたいところ。

 

今回調教を全頭確認して最高の状態であろう穴馬を発見しました。

 

 

 

 

 

 

 

この穴馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

6/8(水) 栗東坂路 重 単走 馬なり

 

4F 51.6 – 37.8 – 24.5 – 12.2

 

 

 

馬なりでこの時計。

 

動きも凄まじく良いですし間違いなく仕上がりは絶好。

 

今回のメンバーの中で一番良い動きに見えたのも事実です。

 

前走全く本気で走れていませんでしたのでそれが今回の出来につながったかと。

 

あまりにも好材料が揃っているので穴人気しそうですが

 

鞍上が地味なのでそこまでは売れないでしょう。

 

ここは大注目じゃないでしょうか。

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

オキショー

このブログでは競馬で勝ち続けるための予想法や感じたこと、そして週末の重賞の予想見解などをガンガン更新していきます。 予想法は妙味重視です。 最終的に盲点となっている馬を狙いうちします。

関連記事

スポンサーリンク

トラックバックURL

http://okisyokeiba.com/wp-trackback.php?p=273