オキショーのぶちかまし競馬予想ブログ
オキショーのぶちかまし競馬予想ブログ > 2016予想結果報告 > 【 エプソムカップ・マーメイドステークス 2016 】結果報告とレース回顧

【 エプソムカップ・マーメイドステークス 2016 】結果報告とレース回顧

 

今回は2016年エプソムカップとマーメイドステークスの結果報告とレース回顧をしていきます。

 

両重賞とも荒れると予想して穴馬から一撃を狙いましたがダメでした。

 

かなり悔しい結果に終わりましたがどちらの穴馬も人気よりは着順が上。

 

完敗は完敗ですが読みとしてはそこまで間違ってはいないので

 

一気にこれからの夏競馬で挽回していけるように精一杯頑張ります。

 

 

10-IMGP3605-thumb-450x300-4446

 

 

ではまずエプソムカップ2016の結果と回顧から。

 

 

【PR】イチオシ情報を無料公開中!

 

 

 エプソムカップ結果とレース回顧

 

 

 

まず今回私が公開した印はこちら

 

 

 

◎ サトノギャラント

 

○ ルージュバック

 

▲ フルーキー

 

☆ アルバートドック

 

△ レコンダイト

 

  マイネルホウオウ

 

  エキストラエンド

 

  ロジチャリス

 

  マイネルミラノ

 

 

 

 

 

結果は

 

 

 

1着 ○ ルージュバック

 

2着 ▲ フルーキー

 

3着 △ マイネルミラノ

 

8着 ◎ サトノギャラント

 

 

 

最近はほぼ縦目ラッシュで 撃沈。

 

情けない限りですがこれは大穴から入った限り認めなければいけないこと。

 

レースは前半がかなりスローになり直線は決めて勝負になりました。

 

展開読みに関してはもろハマっていただけに余計悔しいですね。

 

ではまず1着馬から見ていきます。

 

 

 

 

 

1着 ルージュバック

 

 

いや~久々にこの馬の豪快な末脚が見れましたね。強かった。

 

もう今後のこの馬の扱いに関しては枠順次第で良さそう。

 

とにかくスムーズに外目を回って末脚を存分に出せる形なら強いですが

 

内で馬群に揉まれて直線でも馬群の中にいるときにはとにかく力を出せない。

 

次どこに行くのかわかりませんが是非とも人気して内枠に入って欲しいですね(笑)

 

 

 

 

 

2着 フルーキー

 

 

この馬は道中常にルージュバックをマークして直線を迎えましたが

 

完全にルージュバックにキレ負けしたという印象です。

 

この馬のベストコースが阪神コースのようなタフな馬場なので

 

この展開になるとキレ負けするのは仕方ないですね。

 

それでも58キロを背負ってここまでやったのは力の証明です。

 

 

 

 

 

3着 マイネルミラノ

 

 

完璧なペースを自ら作っての好走。

 

先週の安田記念をもう一度見ているかのような直線でしたね。

 

この展開になるなら当然これだけやれて不思議ないですが

 

流れを読んでいたのにもかかわらずこの馬に妙味はないと言って

 

サトノギャラントから入ってしまったのは完全に欲が出てしまいました。

 

この馬は結構早いラップを刻んで逃げることもありますが

 

やっぱりスローの逃げの形が一番力を発揮できますね。

 

 

 

 

 

◎サトノギャラントに関しては読み通りこの馬に向く流れになりました。

 

スタートも完璧に決まったのでそのまま中断内につけると思いきや

 

わざわざ後方に下げるというかなりもったいない競馬。

 

あれだけスタート出たのになんであんなに下げたのかは全く不明です。

 

最後もしっかりと脚を使っていましたので中断からレースを運べていれば

 

もっと上位に来れたんじゃないかと思ってしまうようなレースでした。

 

まぁ鞍上が今日この一鞍しかないのを知っててここからギャンブルした以上

 

認めなければいけないと思います。

 

ロジチャリスは完璧なレースをしましたが4着止まりだったのは

 

やはり少し過剰人気していたかなと思います。

 

今後の成長に期待したいですね。

 

では次はマーメイドステークスの結果とレース回顧です。

 

 

 

 

 

 

 

 マーメイドステークス結果とレース回顧

 

 

 

まず今回私が公開した印はこちら

 

 

 

◎ アカネイロ

 

○ シュンドルボン

 

▲ ヒルノマテーラ

 

☆ ハピネスダンサー

 

△ レッドオリヴィア

 

  タガノエトワール

 

  リラヴァティ

 

  ナムラアン

 

  ショウナンバーキン

 

 

 

 

 

結果は

 

 

 

1着 △ リラヴァティ

 

2着 ▲ ヒルノマテーラ

 

3着 消 ココロノアイ

 

6着 ◎ アカネイロ

 

 

 

こちらもダメ予想ですね…

 

ここも読み通りそこそこ流れる展開になりました。

 

途中からシュンドルボンが仕掛けて行って一気にレースが動きました。

 

最後方にいたヒルノマテーラが鬼脚で突っ込んでくるという流れでした。

 

軽ハンデの差し馬が突っ込んでくる流れになることは読んでいたのですが

 

その筆頭がアカネイロだっただけにヒルノマテーラを3番手にしてしまいました。

 

悔しい限りですね。

 

まず1着馬から見ていきましょう。

 

 

 

 

 

1着 リラヴァティ

 

 

この馬は今回軽視していました。

 

斤量を考えてヒルノマテーラとアカネイロには逆転されると思っていたからです。

 

そんなに甘くはなかったですね。

 

とにかくこの馬は自分の競馬ができればしぶとい。

 

一度シュンドルボンに交わされてもそこからまた盛り返しましたからね。

 

この馬は力上位だったということですし評価を下げるべき馬ではなかったです。

 

 

 

 

 

2着 ヒルノマテーラ

 

 

アカネイロかこの馬どっちかは突っ込んでくると予想していたので非常に残念。

 

この馬を選べなかったのは単純に自分の勝負弱さか。

 

あの脚を見ても最後方で脚を溜めてたのがモロハマりましたね。

 

四位騎手はウキヨノカゼやレッドエルティストなど

 

馬によっては一か八かに出る時がよくあるのでそれが今回ハマりましたね。

 

ただ展開がハマったというだけではなくて力もつけていますので

 

今後も注目の一頭だと思います。

 

 

 

 

 

3着 ココロノアイ

 

 

この馬は人気ほどの妙味はないと思ったので消しましたが3着に来ました。

 

鞍上がうまく乗ったのもありますが叩き2走目で状態が上がってきていたか。

 

結局55キロを嫌って消したんですが実力は当然ここでは上位でした。

 

最後上がりの掛かる展開と馬場になったのも好走を後押ししたと思います。

 

まだまだ終わった馬と見るのは早そうです。

 

 

 

 

 

◎アカネイロは力負けでしょう。

 

前走の不利と恵まれた斤量でこの馬から自信を持っていきましたが

 

結局実績の割には売れてしまいましたし狙い目というほどでもなかったです。

 

今回の反省点はハンデ戦だからと言って斤量を気にしすぎたことです。

 

結局リラヴァティやココロノアイもこの中では実績上位ですから

 

斤量だけで評価を落としてはいけない馬でしたね。

 

今後ハンデ戦を予想する際もこの点には気をつけていきたいです。

 

以上になります。

 

 

 

 

 

最後になりますが現時点での函館スプリントステークスの注目馬をあげておきます。

 

 

 

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

 

前走の内容がかなり良かった。

 

洋芝実績もありますし古馬初対戦ですがいきなりからやれそうです。

 

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

オキショー

このブログでは競馬で勝ち続けるための予想法や感じたこと、そして週末の重賞の予想見解などをガンガン更新していきます。 予想法は妙味重視です。 最終的に盲点となっている馬を狙いうちします。

関連記事

スポンサーリンク

トラックバックURL

http://okisyokeiba.com/wp-trackback.php?p=290