オキショーのぶちかまし競馬予想ブログ
オキショーのぶちかまし競馬予想ブログ > 2016年競馬予想記事 > 【 函館スプリントステークス2016 】最終追い切り分析〜有力馬の仕上がりは?

【 函館スプリントステークス2016 】最終追い切り分析〜有力馬の仕上がりは?

 

今回は函館スプリントステークス2016の最終追い切り分析をしていきます。

 

枠順も確定し日曜日に向けて早くもワクワクしてきたところですが

 

この枠順を見て正直思ったことは大荒れまで十分あるなと。

 

今年の函館スプリントステークスで一番重要なのは間違いなく展開読みだと思います。

 

今回も間違いなくハナを主張するであろうローレルベローチェが外枠を引いたことで

 

どのくらいのペースになるのか。

 

また土曜日の馬場、日曜日のメインまでの馬場傾向によって

 

どれだけローレルベローチェに絡んでいく馬がいるのか。

 

ここを考えて予想を組み立てることがかなり重要になってくると思います。

 

 

 

 

 

例えば土曜日と日曜日のメインまでの芝の馬場傾向が

 

開幕週ということもあり明らかに内有利の前残り傾向になったとします。

 

そうなると当然馬券も内枠の前目に行ける馬が過剰に人気してきて

 

外枠に配置された差し馬が全く人気してこない状態になる。

 

当然馬場が前有利になっているのに後方から行く馬を軸にするバカいないよ!

 

って思うと思いますが極端すぎる馬場になると各騎手は

 

 

 

「 どうしても前に行かないと今日は話にならんな。」

 

 

 

と考えローレルベローチェにいろんな馬が絡んでいくことになる可能性もある。

 

そうなるとどうなってくるか想像できますよね?

 

去年と全く同じパターンで後方でじっくり構えていた馬が上位に突っ込んできて

 

予期せぬ超特大万馬券なんてこともあるのが競馬です。

 

結局は騎手一人の考えが変わるだけで展開もガラッと変わってくるので

 

本当に難しいんですよね。展開を予想するのって。

 

ただ展開予想が見事にハマった時こそ戻りがデカイですので

 

今回はガッツリ攻めた予想をしていきたいと思います。

 

 

341

 

 

そのためにはしっかりと土曜日の馬場から分析していきたいです。

 

では有力馬の最終追い切り分析に移っていきます。

 

 

【PR】イチオシ情報を無料公開中!

 

 

 最終追い切り分析

 

 

 

シュウジ

 

 

 

6/15(水) 函館芝 稍重 単走 直線仕掛け

 

5F 61.8 – 47.1 – 34.9 – 11.4

 

 

 

とんでもない時計ですね。

 

この時計が直線ちょっと仕掛けられたくらいで出てしまうとは。

 

これでデキが良くないわけがありませんね。

 

ただこの馬は毎回調教では動く馬。

 

普段の栗東坂路の追い切りでも毎回すごい時計を出していますし

 

今回もこの動きをそのまま鵜呑みにするのはどうかとは思います。

 

内枠を引いたことでネット競馬の予想オッズでは1番人気になっていますが

 

そこまでの成績を残していないのも事実です。

 

 

 

 

 

 

 

オメガヴェンデッタ

 

 

 

6/15(水) 函館芝 稍重 2頭併せ 馬なり

 

5F 68.1 – 51.6 – 37.9 – 12.3

 

 

 

馬なりでも最後まで馬体を併せたままで

 

集中した走りができていたと思います。

 

特に特別良くは見えなかったですがいい意味で平行線かなと。

 

枠順もこの馬には有利なところが引けたのではないでしょうか。

 

スッと出たなりで好位で追走する形になると思います。

 

函館の実績もありますし安定感でいうならこの馬は良さそう。

 

 

 

 

 

 

 

ティーハーフ

 

 

 

6/15(水) 函館W 重 単走 馬なり

 

5F 69.8 – 54.2 – 39.8 – 12.5

 

 

 

ここは単走でさっと流す程度の調整。

 

1週前に栗東坂路で好時計を出していますし状態は良さそう。

 

前走は2か月間の休み明けでしたので

 

一度使ってここを目標にやってきた感はありますよね。

 

とにかく今更変な競馬は試さないでしょう。

 

この馬は黙って後方待機でハマり待ちでしょう。

 

去年もうまくハマってとんでもない脚を使いましたし

 

今年の展開次第では当然突き抜けまである馬ですね。

 

 

 

 

 

 

 

ローレルベローチェ

 

 

 

6/15(水) 函館芝 稍重 単走 馬なり

 

5F 67.5 – 51.6 – 38.5 – 12.5

 

 

 

可もなく不可もなくといった感じ。

 

洋芝コースは初ということで今回の追い切りは感触を確かめる程度。

 

伸び伸びと走れていた部分は良かったと思います。

 

まぁなんども言っていますがこの馬が今回のレースのキーマン。

 

鞍上も毎回この馬の競馬をするだけとしか言わないですし

 

変に余計なことを考えるよりもこの馬が行ったことによって

 

展開がどうなるかを考えるレースですよね。

 

 

 

 

 

 

 

アクティブミノル

 

 

 

6/15(水) 函館W 稍重 単走 馬なり

 

4F 56.7 – 40.7 – 12.5

 

 

 

全体時計は平凡ですが1週前に栗東坂路で一杯に追われていて

 

超抜時計を出していますし最終がこれでも全く問題ない。

 

むしろ状態はいいと思います。

 

今回は前々で競馬をすると言っていますし希望は番手だと思います。

 

この馬も結局前々有利の展開を予想するなら有力ですし

 

そうでない展開を予想するなら人気的にも買いたくないですね。

 

 

 

 

 

 

 

正直人気も読めないような馬の集まりですので

 

 

 

ここで一発狙わなきゃいつ狙うんだ!!!

 

 

 

という感じですよね。

 

そこで調教の動きから非常に面白そうな穴馬をあげておきます。

 

 

 

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

6/16(木) 函館芝 稍重 2頭併せ 馬なり

 

5F 68.1 – 51.1 – 37.9 – 12.5

 

 

 

年齢を感じさせない動き。

 

明らかに一度使った上積みがありそう。

 

好枠も引けましたし今の状態なら得意のコースで一発あっても驚けません。

 

ただ騎手が…ですよね。

 

さすがにこの鞍上となると軸にするのは不安ですので

 

相手には絶対に買っておきたい1頭ですよね。

 

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

オキショー

このブログでは競馬で勝ち続けるための予想法や感じたこと、そして週末の重賞の予想見解などをガンガン更新していきます。 予想法は妙味重視です。 最終的に盲点となっている馬を狙いうちします。

関連記事

スポンサーリンク

トラックバックURL

http://okisyokeiba.com/wp-trackback.php?p=322