オキショーのぶちかまし競馬予想ブログ
オキショーのぶちかまし競馬予想ブログ > 2016年競馬予想記事 > 【 宝塚記念2016 】最終追い切り分析〜有力馬の仕上がりは?

【 宝塚記念2016 】最終追い切り分析〜有力馬の仕上がりは?

 

今回は宝塚記念2016の有力馬の最終追い切りを分析していきたいと思います。

 

ついに枠順も確定しましたね。

 

徐々に春の大一番レースに向けて私もメイチ仕上げに近づいております。笑

 

 

 

終わり良ければ全て良し!

 

 

 

残りも全力で予想していきます。

 

さて今年の宝塚記念で最も重要と言える” 状態面 “

 

今回は最終追い切りから分析していきましょう!

 

早速いきます。

 

 

193029

 

 

【PR】イチオシ情報を無料公開中!

 

 

 有力馬の最終追い切り分析

 

 

 

ドゥラメンテ

 

 

 

6/22(水) 美浦南W 稍重 2頭併せ 馬なり

 

5F 68.9 – 53.7 – 39.2 – 12.5

 

 

 

今回も1週前と同じサトノクラウンとの併せ馬。

 

1週前はデムーロがまたがりサトノクラウンを追走して直線最後だけ追う形で先着。

 

今回はサトノクラウンがドゥラメンテを追走する形。

 

結局最後まで抜かせませんでしたし馬なりでもいい動き。

 

サトノクラウンは終始かかりっぱなしだったのに対して

 

この馬はしっかりと折り合っていていい雰囲気でした。

 

会見でデムーロが「 大人になった 」と言っていた意味が少し伝わりました。

 

海外帰りですしレースに行っての折り合いは少し不安ですが

 

追い切りからはその不安は全く感じられませんでした。

 

モーリスが同じ海外帰りで負けたことからこの馬も危険と思う人も多そうですが

 

そもそもモーリスは追い切り自体も東京芝コースで行っていましたし

 

明らかにいつもと仕上げ方は違いましたよね。

 

この馬は休み明けでもノーザンファームしがらきに出されていますし

 

戻ってきてからも順調なのでそこはモーリスとは違うところ。

 

海外帰りの疲れを癒すことをまず第一に中間は取り組んだようです。

 

ここは休み明けでも力は出せそうに感じますしならば好勝負でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

キタサンブラック

 

 

 

6/22(水) 栗東CW 重 2頭併せ 馬なり

 

7F 97.8 – 81.6 – 66.7 – 52.7 – 38.4 – 12.2

 

 

 

1週前はゴール前少し仕掛けた程度で好時計をマークし動きも絶好でしたが

 

今回も馬なりでも好時計で楽な手応えで併入。

 

前走の調教時計や動画を見比べても見劣りはしなく

 

出来はしっかりとキープできていると思います。

 

もともとはそこまで調教も動くタイプではなかったのですが

 

ここ最近は素晴らしい動きを見せており今が充実期か。

 

この馬も力は出せる状態にあるのは間違い無いでしょう。

 

この馬にとっての絶好枠も引くことができましたし文句なし。

 

後は馬場状態が少し気になるところでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

アンビシャス

 

 

 

6/22(水) 栗東坂路 重 2頭併せ G前一杯

 

4F 51.2 – 37.4 – 24.7 – 12.6

 

 

 

今回は大阪杯から2か月半の休み明けになりますが

 

中間はノーゼンファーム天栄で調整されており至って順調。

 

追い切りも1週前、最終とビッチし追われていて好時計。

 

この馬も力出せる状態にあると思います。

 

枠順は最内枠を引きましたがこの馬にとっては好枠ではないでしょうか。

 

距離に不安がある馬ですのでロスなく行ける内枠はいいでしょうし

 

たまに出遅れる馬ですので偶数枠もいい。

 

後はやっぱりこの馬は一瞬の切れ味が武器なので

 

今週の馬場状態で力を出し切れるかは微妙。

 

土曜日の馬場もしっかり分析しつつこの馬の判断は決めたい。

 

 

 

 

 

 

 

ラブリーデイ

 

 

 

6/22(水) 栗東CW 重 2頭併せ G前仕掛け

 

6F 83.2 – 67.5 – 52.6 – 38.9 – 12.0

 

 

 

海外帰りで前走から2か月空いての出走。

 

中間はノーザンファームしがらきに出されていました。

 

去年はこの馬の追い切りが全く良く見えなかったレースが多くて

 

何度も出来落ちだと評価を落として失敗した記憶があります。笑

 

そもそも調教があまり良く見える馬ではないのですが

 

今回に関してはなかなかいい動きに感じました。

 

枠に関してはこの馬も絶好枠でしょう。

 

ルメール騎手なので無難に先行してくるでしょう。

 

なので内も外も見えるこの枠はプラス。

 

最近のレースから衰えは多少感じますが追い切りからは感じませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

マリアライト

 

 

 

6/22(水) 美浦南W 稍重 単走 馬なり

 

6F 87.0 – 70.8 – 54.7 – 40.0 – 12.9

 

 

 

時計は平凡ですが馬場の外外を回ってのものなので気にすることはないです。

 

単走で馬なりでも体全体を使ってしっかり走れていた感じで好印象。

 

そもそも時計は毎回出さない馬で単走馬なりもいつも通りの内容。

 

春はこのレースを目標にやってきたのは明らかで出来は間違いない。

 

枠順は5.6枠あたりが欲しかったかと思いますが

 

内でごちゃつくよりは外の方が良いでしょう。

 

8枠でもそんなにマイナス視する必要はないでしょう。

 

この舞台の適正は抜群でしょう渋った馬場も歓迎。

 

ここまで牝馬ながら斤量を背負って戦ってきたのがここで生きそう。

 

 

 

 

 

 

 

ざっと上位5頭を見てきましたが

 

海外帰り組も含めて状態面が不安に映る馬は調教からは見当たらない。

 

変に海外帰りだからといって評価を落とすのは危ないと思います。

 

 

 

 

そして今回ダントツで追い切りが良く見えた馬がいます。

 

 

 

この馬 → 人気ブログランキングへ

 

 

 

6/22(水) 栗東CW 重 3頭併せ 馬なり

 

6F 84.4 – 67.0 – 51.3 – 37.8 – 12.0

 

 

 

馬場の外外を回って馬なりでこの時計。

 

手応えも抜群で併せた2頭を突き放しました。

 

さすがの仕上げですね。

 

土曜日の馬場とオッズを見てからになりますが積極的に狙いたいです。

 

 

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

オキショー

このブログでは競馬で勝ち続けるための予想法や感じたこと、そして週末の重賞の予想見解などをガンガン更新していきます。 予想法は妙味重視です。 最終的に盲点となっている馬を狙いうちします。

関連記事

スポンサーリンク

トラックバックURL

http://okisyokeiba.com/wp-trackback.php?p=365