オキショーのぶちかまし競馬予想ブログ
オキショーのぶちかまし競馬予想ブログ > 2016年競馬予想記事 > 【 オークス2016予想 】過去データと有力馬分析

【 オークス2016予想 】過去データと有力馬分析

今回はオークス2016の枠順確定前予想を書いていきたいと思います。

ジュエラーが離脱しメジャーエンブレムがNHKマイルに行った今

世間ではシンハライトの1強ムードですが果たしてどのような結果になるのか。

この記事では過去のデータと人気になりそうな有力馬の分析をしていきたいと思います。

 

【PR】イチオシ情報を無料公開中!

【 過去10年の傾向 】

 

〜ローテーション〜

 

桜花賞組(7・6・5・64) 連対率16%
忘れな草賞組(2・0・0・9) 連対率18%
フローラS組(1・3・3・33) 連対率10%
スイートピーS組(1・0・1・23) 連対率4%

 

基本は当然桜花賞組。勝ち馬10頭中7頭が桜花賞組です。
続いて忘れな草賞組が2勝。去年もミッキークイーンがここからオークスを制しました。
フローラステークス組は東京の芝2000mというオークスに近い距離で行われるのにもかかわらず

勝ち馬1頭、連対率10%と不振。
これは単純にフローラステークスの例年のメンバーが弱いからだと思います。

 

〜脚質〜
とにかくこのレースは人気馬も穴馬も差しがバカバカ決まります。
過去10年先行した馬に勝ち馬はいません。
差し馬中心で考えるのがいいでしょう。

 

〜枠順〜
あまり有利不利はないです。
5枠の馬が連対率25%とよく来ています。
差し馬優勢なので直線スムーズに外に出せる枠がいいのではないでしょうか。

 

 

 

【 有力馬診断 】

シンハライト

 

メジャーエンブレムとジュエラーがいないここでは能力は間違いなく最上位で今回も当然有力でしょう。

馬体を併せた追い比べなら負けない勝負根性もありますし

ここは一強オッズでも逆らう余地なしといったところでしょうか。

 

チェッキーノ

 

前走は東京芝2000mの大外枠でマイル以下しか経験のないこの馬は

危険な匂いがプンプンしましたが終わって見ればぶっちぎりの圧勝!

勝ちタイムも1.59.7で過去のフローラステークスを見ても

2分を切った勝ちタイムは出ていません。今回この馬も普通に有力でしょう。

 

ロッテンマイヤー

 

この馬は本当に人気になるのでしょうか。
前走は展開に恵まれたドスローペースを逃げ切っただけですし

上位2頭と比べると明らかに力が足りないと思います。
2走前のクイーンカップでは好位から差してくる競馬もしていますが

今回人気にならないであろうフロンテアクイーンに先着されています。

伯母にブエナビスタがいる血統背景からも人気してくるならそんなに買いたい馬ではないですね。

 

アットザシーサイド

 

前走の桜花賞では外から伸びて3着。
最後はシンハライトに放されましたが力はつけてるなと感じました。
キングカメハメハ産駒で、デビュー2戦の1400mでのあの切れ味を見ると

距離延長はマイナスかなーと思います。
福永がうまく乗ってどれだけ足を溜めれるかといったところでしょうか。

 

エンジェルフェイス

 

この馬は阪神1800mの未勝利の内容がかなり強くて

その時から力はある馬だなと感じていました。
桜花賞は回避してこのオークスに標準を合わせてきたわけですが

どちらかといえば桜花賞の方が向いていたかなと思います。

兄弟のキャトルフィーユやレディアルバローザも長い距離で結果が出ていませんし

脚質も先行馬ですのでこのレースには合わない。

この条件では少し厳しい気がします。

 

まとめ

 

人気になるであろう馬たちをざっと見てきましたが

やはりシンハライトとチェッキーノは抜けてるかなーといった印象です。
ただ後はどんぐり状態ですし穴馬の出番も十分にあると思います。
今の時点では穴馬から上位2頭への馬券でぶちかまそうかなーと考えております。

 

そこで一週前時点でのぶちかまし候補はこの馬⇒人気ブログランキングへ

 

4走前に見せたあの鬼脚は決して偽物ではないはず。
近3走はどれも言い訳のつく内容ですし

前走は直線で内を突くもどん詰まり。

まともに追えていませんし、完全に度外視できる!

4走前以来の左回りコースで舞台も同じ東京コース。
鞍上が腹くくって末脚勝負に徹すれば

外からぶっこぬいて来るシーンは十分に考えられます!

 

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

オキショー

このブログでは競馬で勝ち続けるための予想法や感じたこと、そして週末の重賞の予想見解などをガンガン更新していきます。 予想法は妙味重視です。 最終的に盲点となっている馬を狙いうちします。

関連記事

スポンサーリンク

トラックバックURL

http://okisyokeiba.com/wp-trackback.php?p=42