オキショーのぶちかまし競馬予想ブログ
オキショーのぶちかまし競馬予想ブログ > 2016年競馬予想記事 > 【 函館2歳ステークス2016 】予想とワンチャンスを絶対に逃してはいけないという話

【 函館2歳ステークス2016 】予想とワンチャンスを絶対に逃してはいけないという話

 

 

今回は函館2歳ステークス2016の予想とワンチャンスを逃してはいけないという話をします。

 

 

まず函館2歳ステークスですが競馬新聞の印を見ても圧倒的にモンドキャンノは売れてきそう。

 

 

しかしキャリア1戦の馬をそこまで信頼できるかと言われれば微妙ですし妙味も全くない。

 

 

他の馬もまだまだパフォーマンスを上げてくる可能性もありますしだったらモンドキャンノを負かせる可能性がある馬はいるのかということを全力で予想していきたいです。

 

 

b4aca519c7adb3c931c55da24cff7973

 

 

【PR】イチオシ情報を無料公開中!

 

 

まずは土曜日の函館メイン函館日刊スポーツ杯の狙い馬を公開しておきます。

 

 

この馬人気ブログランキングへ

 

 

昇級戦となりますが相手もこれといって強い馬は不在。

 

 

ならばこの馬でも勝負になる。

 

 

前走は外をまわしてロスがある競馬でしたがそれでも差し切った内容は強い。

 

 

究極の夏馬ということもありここにきてさらに状態を上げていると思いますし人気もないので期待します!

 

 

 

 

本題の函館2歳ステークスの予想に入る前にちょっと違う話をします。

 

 

”ワンチャンスを絶対に逃してはいけない”

 

 

という話です。

 

 

僕は基本盲点になっている妙味ある馬から狙うスタンスですので、尚更たまにくるワンチャンスを逃してはいけないのです。

 

 

ワンチャンスとはその条件でこそ狙う価値のある馬です。

 

 

適性だったり馬の仕上がりだったり枠順だったり。

 

 

狙える要素が重なってここでこそ狙える馬なのにも関わらず人気がないという馬は毎週競馬をやっていればたまに見つかります。

 

 

今の夏競馬の時期は特にです!

 

 

なぜ明らかに適性抜群の舞台なのに人気がない馬が出るのか。

 

 

それはやっぱり近走の内容がボロボロだからです。

 

 

さすがに前走10着、2走前12着みたいな馬はいくら適性があっても狙いづらいですよね。

 

 

ただ今の時期はこんなような馬だってバンバン走ってきます。

 

 

これは最近の競馬を見ていてもそうですし、夏馬でコース適性があってでも近走がボロボロみたいな馬がバンバン穴を開けているんですよね。

 

 

そしてその舞台で走ってしまった後ではやっぱり人気してきてしまうので次のレースでは妙味がなくなります。

 

 

つまりワンチャンスのです。

 

 

その1回のチャンスを逃してしまうと次のチャンスまでは相当期間が空くことが多い。

 

 

だから強気に人気がなくても狙っていかないといけないのです。

 

 

ただ分かっていても難しいのいが競馬ですよね。

 

 

自分も狙いきれないことは多々あります。

 

 

例えばワンチャンスを狙える馬が12Rに出走してくるがその日は朝から負けっぱなし。

 

 

しまいにはメインの重賞も外し「 今日の俺はダメだなぁ、もう最終は買わずにやめよう… 」といった感じで勝負をやめてしまう。

 

 

後から気づけばその馬は激走し、その一回でその日の負け分だけでなく何日分も捲れるような高配当がついてるなんてこともあります。

 

 

穴馬狙いの醍醐味はここにありますしいかに我慢して狙い続けることができるか。

 

 

ぶちかました日には一発で今月の勝ちは確定なんてこともあり得るわけです。

 

 

 

 

思えば競馬以外でもこの事は言えますよね。

 

 

人生だってたまに訪れるチャンスをものにしてきた人と目を背けて何もやらなかった人とではかなりの差がつくでしょう。

 

 

「 どうせ俺には無理だ… 」

 

 

と言ってチャレンジもしたことないのに諦めてチャンスを逃してしまう。

 

 

失敗を恐れずに常にチャレンジしていく人とではやっぱり差がつきますよね。

 

 

 

 

女の子をお持ち帰りする時だってそうです(笑)

 

 

最初は今日はやってやるぞ!なんて意気込んでいたっていざとなってチキンになってしまう。

 

 

ワンチャン行けそうな雰囲気になってもなかなか切り出せずにいる人は残念ながらチャンスを逃しますがガンガン攻めることができる人ならその後の楽園を楽しんでいるはずです(笑)

 

 

 

 

なので絶対にたまにくるワンチャンスを逃してはいけない。

 

 

これを言い聞かせてこれからも激アツワンチャン馬を全力で探していきたいです!

 

 

ではそろそろ函館2歳ステークスの話に移りましょう。

 

 

 

函館2歳ステークス2016予想

 

 

 

ここはほとんどの馬がキャリア1戦で力関係をはかるのも難しい。

 

 

走破タイムなどから考えることもできますがそれはみんなが見ていることですし、新聞しか見ていないような人でもモンドキャンノの走破タイムがすごいことはわかります。

 

 

当然走破タイムやラップを見て力関係をはかることは大事ですしその予想法はキャリアが少ないからこそ基本となる予想ファクターでしょう。

 

 

ただそうなると結局行き着く先はモンドキャンノが抜けているという結論ですしそうなると一般人と同じ結論になる。

 

 

必然的に妙味はなくなります。

 

 

ただ逆を言えば楽勝して勝っているのに走破タイムが微妙だからと言って全く人気がない馬はどうでしょうか。

 

 

バシバシ追えばパフォーマンスを上げてくる可能性だってあるわけですしそうなるとタイムだけで評価がガタ落ちな馬は美味しいと言える。

 

 

もしそのような馬がここで人気を覆して勝ってしまったら次走は人気確定。

 

 

「 あぁ、狙いはこのレースだったか 」

 

 

と気付いた時点で時既に遅し。ワンチャンスを完全に逃してしまいます。

 

 

なので今回僕はモンドキャンノは評価しつつもワンチャンありそうな馬を全力で探していきたいと思います。

 

 

そこで走破タイム的に平凡で人気がなさそうですが一発ワンチャンありそうな馬をここで紹介しておきます。

 

 

 

この馬人気ブログランキングへ

 

 

 

確かに時計的には平凡ですが馬場が悪かったしこの馬自身も全く本気で走っていない。

 

 

ノーステッキの楽勝でしたし良馬馬になればさらにパフォーマンスを上げるかもしれない。

 

 

今回枠も絶好のところを引けましたしそれでいて人気がないなら美味しい。

 

 

一発ありそうな予感がしますね。

 

 

 

 

なお無料メルマガでは函館2歳ステークスの最終予想を配信いたします。

 

 

完全無料ですので気になる方はぜひ↓より登録お願いします。

 

 

こちら →【無料メルマガ】登録はコチラからです!

 

 

 

【オキショーのぶちかましメルマガ】

 

 

こちらの無料メルマガでは毎週の重賞の予想や週末の平場の狙いレースの予想などを無料で配信しています。

 

 

価値ある情報をお届けできればと思っていますので気になる方は気軽に登録お願いします!

 

 

こちら →【無料メルマガ】登録はコチラからです!

 

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

オキショー

このブログでは競馬で勝ち続けるための予想法や感じたこと、そして週末の重賞の予想見解などをガンガン更新していきます。 予想法は妙味重視です。 最終的に盲点となっている馬を狙いうちします。

関連記事

スポンサーリンク

トラックバックURL

http://okisyokeiba.com/wp-trackback.php?p=579