オキショーのぶちかまし競馬予想ブログ
オキショーのぶちかまし競馬予想ブログ > 2016年競馬予想記事 > 【クイーンステークス2016】予想〜隠れコース巧者が最大の妙味⁉︎

【クイーンステークス2016】予想〜隠れコース巧者が最大の妙味⁉︎

 

 

今回はクイーンステークス2016の予想記事を書いていきたいと思います。

 

 

夏競馬もここから後半戦ということでここを仕留めて一気に流れに乗っていければと思います。

 

 

今回は最近の競馬を見ていても特に思うことと照らし合わせながらクイーンステークス2016の深い予想をしていきたいと思います。

 

 

E38193E381A9E38282-thumbnail2

 

 

【PR】イチオシ情報を無料公開中!

 

 

先日の記事では有力馬分析として人気に押されそうな馬たちを分析した記事を書きましたが今回はちょっと深いことを書こうと思います。

 

 

それは狙う馬のオッズの期待値を考えながら結論を出そうということです。

 

 

最近の競馬を見ていても特に感じることでここが一番判断が難しいことだと思います。

 

 

特に穴党の方だったり高配当狙いの人はまず最初に出走メンバー内から穴で狙えそうな馬を探すと思います。

 

 

荒れそうなレースなら尚更気合い入れて探しますよね。

 

 

僕も基本的に穴から馬券をぶちかますスタンスなのでとにかく高配当の立役者になれそうな馬を全力で探します。

 

 

ただ最近思うことは自分が穴で狙おうとしていた馬が明らかに実力とはかけ離れた過剰オッズになることが多い。

 

 

最近の競馬ファンに穴狙いの人が増えたこともあると思います。

 

 

ただそれは最近気づいたことではなく前からずっと感じていたことでひたすらこのことについて考えこんだ時期があります。

 

 

そして過剰人気になる穴馬の特徴がだんだん見えてきたんですよね。

 

 

その一番の特徴は

 

 

新聞だけを見て予想する人でも狙える穴馬なんですよね。

 

 

全国の競馬ファンの中に一週間前からみっちり重賞の予想を始める人が何割くらいいるでしょうか。

 

 

おそらくですが五割にもみたないと思いますよ。

 

 

ということは大体五割以上の人が前日に競馬新聞を買って初めて予想を始める。

 

 

新聞だけをひたすら眺めて狙い馬を探す。

 

 

この新聞を見ただけで狙えるような穴馬は当然ですが穴人気しますよね。

 

 

 

 

 

 

例えば今回のクイーンステークスで考えてみます。

 

 

札幌競馬場で行われるだけに、重要になってくるのは間違いなく洋芝適性。

 

 

穴をあけるのはやっぱり洋芝適性が抜群な馬じゃないか?

 

 

おっ!人気なさそうな馬で一頭洋芝適性が見るからに抜群の馬がいるじゃないか!

 

 

札幌では二度走って二連対な上に函館も三戦して馬券内二度。

 

 

間違いない!クイーンステークスの穴馬は

 

 

マイネグレヴィルだ!!!

 

 

て感じで新聞を見るだけでも狙い目なマイネグレヴィルは今回おそらく穴人気確定だと思います。

 

 

決してマイネグレヴィルを狙うことを否定しているわけではありません。

 

 

洋芝適性は抜群な上に夏場の成績もいい。

 

 

もともと若いころは重賞でも力を見せていましたし人気がないならこんなにデキすぎた穴馬はいませんよ。

 

 

僕だって人気がないならバリバリ狙いたいです。

 

 

ただこの馬って実績から考えても本命打つなら9番人気の30倍くらいはほしいところですよね。

 

 

そんな馬が気づけば6番人気15倍とかになって本命打ちたいと思いますか?

 

 

さすがに買う気失せますよね。

 

 

しかしもともと狙っていた馬なだけに走られたら嫌だから本命だ!

 

 

なんて言って失敗したパターンは自分も過去に何度もありますしいざ当たったら当たったで、え?配当こんなもんか…

 

 

なんてパターンもよくあります。

 

 

つまり何が言いたいかというと狙う馬の期待値を考えながら最終判断を下すべきだということです。

 

 

 

 

 

 

では今回のクイーンステークスで盲点になってきそうな馬はどんな馬だと思いますか?

 

 

去年を見ればわかりやすいですが勝ったメイショウスザンナ。

 

 

この馬は10頭立ての7番人気32.5倍と舐めに舐められていました。

 

 

そんな評価を覆す勝利でした。

 

 

1走前のマーメイドステークス0.6秒差や3走前の福島牝馬ステークス3着を考えてもここまで舐められる馬ではなかった。

 

 

ではなぜここまで舐められたのか。

 

 

おそらく一番の要因は洋芝実績がなかったからではないでしょうか。

 

 

ほかに洋芝実績があったノットフォーマルあたりが過剰に人気してこの馬はまったく売れなかった。

 

 

この馬を狙っていた人からすると美味しかったでしょう。

 

 

つまりこういうレースで一番妙味が出やすいのが洋芝実績がないが走ってないだけで実は適性がある

 

 

 

隠れコース巧者

 

 

 

を狙えるかではないでしょうか。

 

 

ではこの隠れコース巧者はどんなことから探せるのか。

 

 

札幌競馬場の特徴といえばなんといっても平坦小回りコースですよね。

 

 

つまり小倉コースや福島コースといった平坦小回りコースで抜群に走っている馬はこの舞台でも激走しやすい。

 

 

メイショウスザンナも福島コースで2度穴をあけているような小回り巧者でしたし2012年に10番人気で穴をあけたラブフールも小倉コースで3戦してオール馬券内と平坦小回りでの適性の高さを見せていました。

 

 

もちろん札幌や函館で好走歴がある馬が人気がなければそれは美味しいですがここはやっぱりチェックされやすいので意外とチェックされない小倉や福島の平坦コースで適性を見せているような馬は盲点になりやすいといえるかもしれません。

 

 

ということで今回意外と盲点になってきそうなのはこの馬か。

 

 

 

この馬人気ブログランキングへ

 

 

 

洋芝は一昨年のクイーンステークスを一度使っただけで6着。

 

 

この時はこの馬のレースが全くできていなかったですしそれでも最後は差を詰めてきたあたり適性は間違いなくある。

 

 

福島コースでは1度大穴をぶちかまし、小倉コースでも条件戦時に7番人気で頭で来ている。

 

 

小回りの平坦コースはベスト条件で札幌コースも間違いなく合う。

 

 

前走の勝ちっぷりからもここでそこそこ人気に押されてもおかしくないと思うが典型的な人気になりずらいタイプなだけに今回も穴で狙えそう。

 

 

ここでももう一発あっておかしくないでしょう。

 

 

 

 

なお無料メルマガではクイーンステークス2016の最終予想を配信いたします。

 

 

完全無料ですので気になる方はぜひ↓より登録お願いします。

 

 

こちら →【無料メルマガ】登録はコチラからです!

 

 

 

【オキショーのぶちかましメルマガ】

 

 

こちらの無料メルマガでは毎週の重賞の予想や週末の平場の狙いレースの予想などを無料で配信しています。

 

 

価値ある情報をお届けできればと思っていますので気になる方は気軽に登録お願いします!

 

 

こちら →【無料メルマガ】登録はコチラからです!

 

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

オキショー

このブログでは競馬で勝ち続けるための予想法や感じたこと、そして週末の重賞の予想見解などをガンガン更新していきます。 予想法は妙味重視です。 最終的に盲点となっている馬を狙いうちします。

関連記事

スポンサーリンク

トラックバックURL

http://okisyokeiba.com/wp-trackback.php?p=630