オキショーのぶちかまし競馬予想ブログ
オキショーのぶちかまし競馬予想ブログ > 2016年競馬予想記事 > 【レパードステークス2016】予想と有力馬分析〜コース替わりで浮上の穴とは

【レパードステークス2016】予想と有力馬分析〜コース替わりで浮上の穴とは

 

今回はレパードステークス2016の予想と有力馬分析を行っていきたいと思います。

 

 

今年の3歳ダート戦線は粒ぞろいで非常に面白いですよね。

 

 

ゴールドドリームやストロングバローズこそいませんがグレンツェントやケイティブレイブなど有力馬が集まりました。

 

 

過去にはホッコ―タルマエやトランセンドなんかもここを勝ち上がってダート界を引っ張る存在となりましたし今年のレパードステークスも絶対に見逃せない一戦となりそうですね。

 

 

しっかりと予想していきたいと思います。

 

 

2016012500403542e

 

 

【PR】イチオシ情報を無料公開中!

 

 

まず冒頭でも触れましたが今年の3歳ダート戦線はとにかく面白い。

 

 

一度負けた馬でもその後圧倒的な力をつけて逆転するなんてレースは何度もありました。

 

 

例えば今回おそらく1番人気に押されるであろうケイティブレイブ。

 

 

この馬は過去にヒヤシンスステークスでゴールドドリームに完敗。

 

 

次走の兵庫チャンピオンシップで再戦し、誰もが逆転は厳しいと感じていたあのレースでまさかのケイティブレイブがゴールドドリームをぶっちぎり完勝。

 

 

展開云々というよりもケイティブレイブの成長力に目を引きました。

 

 

またジャパンダートダービーではストロングバローズとゴールドドリーム。

 

 

そこにケイティブレイブが加わる3強でここも勝つのは3頭の内のどの馬かを探すようなレースだと思っていましたが…

 

 

結果はまさかのキョウエイギアの勝利。

 

 

この馬は過去に伏竜ステークスでストロングバローズとケイティブレイブに完敗していた馬。

 

 

それがまさかの成長力で大逆転劇を見せましたね。

 

 

とにかくダートは力関係が予想の8割を占めると思っていましたが強い世代だからこそ馬の成長力も半端じゃないことを学びました。

 

 

気づけば芝のクラシック路線もディーマジェスティが半端じゃない成長力を見せて皐月賞を制覇しましたよね。

 

 

ということで今回おそらくケイティブレイブとグレンツェントの2強オッズになってくるとは思いますがここは頭を柔らかくして可能性のある盲点となっている馬を全力で狙うのもありかなと感じています。

 

 

 

有力馬分析

 

 

 

まずは現時点での予想オッズを見ておきましょう。(netkeiba.comより)

 

 

1 ケイティブレイブ  2.1

 

2 グレンツェント   2.9

 

3 レガーロ      6.3

 

4 ピットボス     9.0

 

5 ネクストムーブ  13.8

 

6 マイネルバサラ  16.5

 

7 マインシャッツ  21.6

 

 

 

ざっと上位はこんな感じ。

 

 

ケイティブレイブとグレンツェントはどっちが一番人気になるかいまいち読めませんが2強オッズは間違いなし。

 

 

まぁ普通に考えて2頭とも強いですがこの世代の今までの流れを見るとちょっと期待してしまいますよね。

 

 

1頭ずつ分析していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

ケイティブレイブ

 

 

この馬はとにかく急成長をとげた馬。

 

 

ヒヤシンスステークスでゴールドドリームに完敗し、伏竜ステークスでストロングバローズに完敗。

 

 

一見力関係ははっきりしたように映りましたがその後の2戦で大逆転。

 

 

兵庫チャンピオンシップでのぶっちぎりは展開やコース形態、中途半端な距離などが味方しての勝利だったかなぁと若干疑っていましたが前走の走りでその考えも変わりました。

 

 

明らかに馬が成長していますし現時点では世代上位の力がある馬とみていいでしょう。

 

 

鞍上の武豊騎手とも明らかに手があっている感じで前に行けるのも強み。

 

 

ここは人気でも嫌える要素は薄い気がします。

 

 

ただ一つ不安要素を挙げるなら使い詰めで状態面がどうかというところ。

 

 

デビューしてすでに11戦を消化しているのでここは追い切りを見て判断していきたい。

 

 

 

 

 

 

グレンツェント

 

 

前走のユニコーンステークス時のこの馬の評価は世代トップクラスの力はあるも不器用な馬という判断でした。

 

 

青竜ステークスのような先行策のレースができれば勝ちまであると思っていました。

 

 

結果スタートを決めたのですが鞍上の消極的なレース運びにより3着。

 

 

乗り方次第でもっと僅差に持ち込めていたかなと感じました。

 

 

今回は戸崎騎手に乗り替わりということで大幅鞍上強化。

 

 

このような不器用な馬を手名づけるのは一級品に上手い騎手ですしここは当然頭まである馬。

 

 

 

 

 

 

レガーロ

 

 

ここ3走のレース内容からここは力的に一枚落ち。

 

 

ケイティブレイブとグレンツェントを逆転できるほどの馬かと言われると疑問。

 

 

ただ怖いのは成長力。

 

 

陣営は最近の負けは幼いところを見せてまったく走る気になっていない分の敗戦といっている。

 

 

もともとジャパンダートダービーを使う予定だったが仕上がりが微妙だったためかこちらにシフト。

 

 

無理して使わなかったのは好感が持てるし仕上がりも万全か。

 

 

となれば面白い存在にはなると思うが3番人気で買いたいような馬でもない。

 

 

最終追い切りに注目したい。

 

 

 

 

 

 

ピットボス

 

 

前走はうまく立ち回るレースをするも力的に及ばず。

 

 

現状ワンパンチ足りない状態だがレースセンスは抜群で安定感はある馬。

 

 

この馬はイーグルフェザーとの500万下のレースを見ても先頭に立つとソラを使う部分がある。

 

 

2走前の末脚は目を引くものがあり集中させれば大分いい脚を使う。

 

 

今回仕掛けどころが最も重要になってくるでしょう。

 

 

内田騎手に乗り替わりだが馬の癖を知っていないと危険だと思います。

 

 

 

 

 

 

ネクストムーブ

 

 

前走は逃げて上がり最速と強い競馬を見せましたね。

 

 

新潟の実績もありますし前走の勝ち方からある程度人気になりそうですね。

 

 

ただ前走のメンバーレベルは正直疑問。

 

 

2.3着馬のその後の成績を見ても前走の勝ちは特に強調する材料ではなく人気になるならあまりそそられない。

 

 

このメンバーでは買っても抑えまでという評価ですね。

 

 

 

レパードステークス2016有力馬分析まとめ

 

 

 

ざっと有力馬を見てましたがやっぱり上位2頭は有力でしょう。

 

 

ただもし2頭来てしまっても馬券的に座席はもう一つありますのでそこに穴目が絡めば面白い。

 

 

過去の傾向から去年の11番人気タマノブリュネットや一昨年の9番人気ランウェイワルツは後方で脚をためて突っ込んできた伏兵。

 

 

新潟の長い直線も味方してか伏兵は差し追い込み馬が来ています。

 

 

そこで今年のメンバーを見て面白そうな穴馬がいるので挙げておきます。

 

 

 

この馬人気ブログランキングへ

 

 

 

2走前の500万のレースで後方からゴボウ抜きした末脚が一級品。

 

 

実際ここ2走の内容からこのメンバーでもそこまで引けはとらないですし全く人気がないなら面白い存在と言えそうです。

 

 

 

 

なお無料メルマガではレパードステークス2016の最終予想を配信いたします。

 

 

完全無料ですので気になる方はぜひ↓より登録お願いします。

 

 

こちら →【無料メルマガ】登録はコチラからです!

 

 

 

【オキショーのぶちかましメルマガ】

 

 

こちらの無料メルマガでは毎週の重賞の予想や週末の平場の狙いレースの予想などを無料で配信しています。

 

 

価値ある情報をお届けできればと思っていますので気になる方は気軽に登録お願いします!

 

 

こちら →【無料メルマガ】登録はコチラからです!

 

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

オキショー

このブログでは競馬で勝ち続けるための予想法や感じたこと、そして週末の重賞の予想見解などをガンガン更新していきます。 予想法は妙味重視です。 最終的に盲点となっている馬を狙いうちします。

関連記事

スポンサーリンク

トラックバックURL

http://okisyokeiba.com/wp-trackback.php?p=673