オキショーのぶちかまし競馬予想ブログ
オキショーのぶちかまし競馬予想ブログ > 2016年競馬予想記事 > 【キーンランドカップ2016】予想と出走馬分析Part2|馬場が渋れば一発の可能性ある大穴とは

【キーンランドカップ2016】予想と出走馬分析Part2|馬場が渋れば一発の可能性ある大穴とは

 

 

今回はキーンランドカップ2016の出走馬分析Part2を書いていきたいと思います。

 

 

今年のキーンランドカップは能力が拮抗している印象ですので下位勢の台頭も十分に考えられる。

 

 

ここらで一発どデカイ配当を掴めればこの後の秋のG1戦線に向けての資金にもなりますしここは何としても仕留めたいところ。

 

 

残り少ない夏競馬ですが最後まで突き抜けたいと思います。

 

 

では予想していきましょう。

 

 

e71dec2be87a1cfddb033b49e5460cc3

 

 

【PR】イチオシ情報を無料公開中!

 

 

人気に押されそうな馬たちの分析記事は先日書かせていただいたのでそちらを参考にして頂ければと思います。

 

 

 

こちらキーンランドカップ有力馬分析】

 

 

 

今回は下位勢の分析ということでまずは予想オッズを確認しておきます。

 

 

 

7 エポワス      14.3

 

8 サトノルパン    15.3

 

9 セカンドテーブル  18.1

 

10 ホッコーサラスター  26.0

 

11 オデュッセウス    35.9

 

12 ナックビーナス    38.2

 

13 サドンストーム    56.4

 

14 ファントムロード   157.6

 

 

 

まぁ正直なところ展開次第ではどの馬にもチャンスはありそう。

 

 

過去の傾向を見てもとにかくこのレースはその時の馬場傾向を掴んでおくことが的中への一番の近道。

 

 

枠順発表後に展開を予想し、その時の馬場にマッチしそうな馬をハメて狙っていくイメージですね。

 

 

そのためには当然各馬しっかりと理解しておくことが必須ですので分析していきましょう。

 

 

 

キーンランドカップ出走馬分析Part2

 

 

 

エポワス

 

 

洋芝の実績が【 2 . 4 . 1 . 3 】で掲示板を外したのはたったの一回という生粋の洋芝巧者。

 

 

その一度掲示板を外したレースは去年のこのレースなわけですが当時は3番人気まで押されていた馬。

 

 

しかし直線前が壁になり全く追えずの不完全燃焼で全くの度外視。

 

 

もう8歳になりますが近走を見ても安定して走っていますしやはりこの舞台では要注意でしょう。

 

 

ただやはり去年ほどの勢いはなく、外を回らされるようなレースになるとこの馬の持ち味が出せなそう。

 

 

内枠を引いてロスなくいければここでも一発の可能性はある。

 

 

 

 

 

 

サトノルパン

 

 

能力面で行ったらここでは上位でしょう。

 

 

3走前の京阪杯ではビックアーサーやベルカント、エイシンブルズアイ相手に勝ちきっていますしこのメンバーなら勝ちきれる力はある。

 

 

ただこの馬に関してはスタートが全てと言ってもいいでしょう。

 

 

ここ3戦は全て出遅れていますし後方からになるとこの馬の良さが出せない。

 

 

今回はルメールということで上手く乗ってきそう。

 

 

あとは洋芝が合うかどうか。

 

 

イメージ的には軽い馬場でスピード勝負に向くタイプと思いますが過去に上がりの掛かる競馬でも走っていますし意外とこなせそう。

 

 

ただ雨が降って先週のような馬場になると厳しい。

 

 

 

 

 

 

セカンドテーブル

 

 

前走は休み明けの一戦に斤量面、初の洋芝ということを考えればよく走っている。

 

 

一度使った上積みがあれば面白い。

 

 

やってきた相手を考えてもシルクロードステークスくらい走れば通用する余地はあると思う。

 

 

ただ馬場が外差し馬場になってくると厳しい。

 

 

前々で粘りこむスタンスなのであくまで馬場と展開が味方してどこまでという感じか。

 

 

 

 

 

 

ホッコーサラスター

 

 

ここ2戦の内容がなかなかの競馬。

 

 

外から計算されたように差し切る走りは着差以上に余裕があるように見えた。

 

 

今回も池添が乗ってきますがかなり手がっている印象。

 

 

外が伸びるような馬場になれば54キロで出れますし上位に食い込んでくる可能性も秘めている。

 

 

洋芝適性も抜群で意外と人気の盲点か。

 

 

 

 

 

 

オデュッセウス

 

 

3走前の京都で見せた走りは見応えがあって力はあるなと感じました。

 

 

折り合いに難がある馬なのでその後は1200m戦を二度使ってきて折り合い面は解消されましたがパッとしないレースが続いています。

 

 

2走前は展開的に向かなかったのはありますし前走は外を回らされた分でしょう。

 

 

ただ同じ外を回したオメガヴェンデッタの走りと比較すると物足りないですしローテーション的にも前走からの上積みがあるかは微妙。

 

 

馬場次第で抑えるかもしれませんがあまり強くは押しづらい。

 

 

 

キーンランドカップ2016出走馬分析Part2まとめ

 

 

 

こう見てもやはりどの馬にも展開、馬場次第でチャンスがありそう。

 

 

能力差がないだけに難解ですよね。

 

 

こういうレースこそ能力面だけでなく馬のデキも重要視しないといけませんね。

 

 

明日以降に追い切りの分析記事は書いていこうと思います。

 

 

そして週末の天気を調べたのですがおそらくまた北海道地方は土砂降りになる可能性が高いとのこと。

 

 

もう大荒れの予感がしてきているのは私だけでしょうか?笑

 

 

ということで大穴級ですが馬場が渋って一発ある馬をあげておきます。

 

 

 

この馬人気ブログランキングへ

 

 

 

ダートでの実績もある馬でタフな馬場になるのは歓迎でしょう。

 

 

2走前のレースを見ても平坦の小回りコースは得意そうで札幌の舞台もマッチしそう。

 

 

そしてなんといってもこの馬スタートが抜群に早い。

 

 

レースセンスが売りでいかにも小回りコースで穴を開けそう。

 

 

馬場が渋ってこの馬に味方すれば斤量差と立ち回りを生かして大穴をあけるシーンも想像できます。

 

 

 

 

 

なお無料メルマガではキーンランドカップ2016の最終予想を配信いたします。

 

 

完全無料ですので気になる方はぜひ↓より登録お願いします。

 

 

こちら→【無料メルマガ】登録はコチラからです!

 

 

 

【オキショーのぶちかましメルマガ】

 

 

こちらの無料メルマガでは毎週の重賞の予想や週末の平場の狙いレースの予想などを無料で配信しています。

 

 

価値ある情報をお届けできればと思っていますので気になる方は気軽に登録お願いします!

 

 

こちら→【無料メルマガ】登録はコチラからです!

 

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.

オキショー

このブログでは競馬で勝ち続けるための予想法や感じたこと、そして週末の重賞の予想見解などをガンガン更新していきます。 予想法は妙味重視です。 最終的に盲点となっている馬を狙いうちします。

関連記事

スポンサーリンク

トラックバックURL

http://okisyokeiba.com/wp-trackback.php?p=862