オキショーのぶちかまし競馬予想ブログ
オキショーのぶちかまし競馬予想ブログ > 2016年競馬予想記事 > 【 エプソムカップ2016 】過去の傾向と有力馬分析

【 エプソムカップ2016 】過去の傾向と有力馬分析

 

今回はエプソムカップ2016の過去傾向と有力馬分析を行っていきたいと思います。

 

フルゲート18頭のレースで19頭登録されてますね!

 

中でも注目は牝馬のルージュバックでしょうか。

 

若い時から期待されていた馬ですが最近はなかなか勝ちきれない結果に。

 

今回も断然の1番人気に推されそうですがどうでしょうか。

 

牝馬が牡馬をねじ伏せる強いレースが見たい気もしますが

 

ここはメンバーを見た感じ面白そうな穴馬もちらほら。

 

毎年そこまで荒れるレースではないですが

 

今年は攻めていきたいと思っています。

 

ではまずは過去の傾向から見ていきましょう。

 

 

 

【PR】イチオシ情報を無料公開中!

 

 

 

 過去10年の傾向

 

 

人気

 

 

 

1番人気   【 3 . 3 . 2 . 2 】 連対率60%

 

2番人気   【 3 . 2 . 1 . 4 】 連対率50%

 

3番人気   【 0 . 3 . 1 . 6 】 連対率30%

 

4番人気   【 2 . 1 . 1 . 6 】 連対率30%

 

5番人気   【 1 . 0 . 0 . 9 】 連対率10%

 

6~9番人気 【 1 . 1 . 3 . 35 】 連対率5%

 

10番人気以下  【 0 . 0 . 2 . 78 】 連対率0%

 

 

 

堅い決着になりやすいレースですよね。

 

毎年4番人気以内の馬が2頭は絡んできています。

 

また10番人気以下の連対は0頭。

 

 

 

 

 

年齢

 

 

 

4歳馬 【 7 . 5 . 3 . 22 】 連対率32%

 

5歳馬 【 2 . 3 . 1 . 41 】 連対率11%

 

6歳馬 【 1 . 2 . 2 . 37 】 連対率7%

 

7歳以上【 0 . 0 . 4 . 39 】 連対率0%

 

 

 

4歳馬が圧倒しています。

 

勝ち馬も10頭中7頭が4歳馬です。

 

今年の4歳馬は

 

アルバートドック

 

ルージュバック

 

ロジチャリス

 

ここから軸を選ぶのが堅実な気もしますが果たして。

 

 

 

 

 

性別

 

 

 

牡馬 【 10 . 10 . 10 . 127 】

 

牝馬 【 0 . 0 . 0 . 9 】

 

 

 

牝馬が1頭も馬券に絡めていません。

 

なんと今年の1番人気はルージュバック濃厚ですがこれは危険か?

 

 

 

 

 

脚質

 

 

 

逃げ 【 1 . 1 . 0 . 8 】  連対率20%

 

先行 【 5 . 4 . 5 . 26 】  連対率23%

 

差し 【 4 . 3 . 4 . 63 】  連対率10%

 

追込 【 0 . 2 . 1 . 43 】  連対率4%

 

 

 

前目にいた方が有利な傾向が出てますね。

 

勝ち馬も4コーナー10番手以下から差し切った馬はいないですし

 

半分以上が5番手以内からの抜け出し勝利。

 

基本後ろから追い込んでくる馬は割引でしょうか。

 

 

 

 

 

ローテーション

 

 

 

G1組 【 0 . 0 . 0 . 9 】  連対率0%

 

G2組 【 4 . 2 . 2 . 33 】  連対率15%

 

G3組 【 2 . 3 . 5 . 37 】  連対率11%

 

OP特別 【 4 . 2 . 3 . 51 】  連対率10%

 

1600万【 0 . 2 . 0 . 8 】  連対率20%

 

 

 

G1組が全く馬券になっていません!

 

今年はルージュバックだけです。ここもデータ的には厳しい。

 

また格下条件からの馬でも結構きています。

 

ここは相手関係をしっかり計って評価を決めたいですね。

 

 

 

 

 

枠順

 

 

 

1枠 【 3 . 0 . 2 . 13 】 連対率17%

 

2枠 【 1 . 1 . 3 . 13 】 連対率11%

 

3枠 【 2 . 1 . 1 . 15 】 連対率16%

 

4枠 【 1 . 3 . 0 . 16 】 連対率20%

 

5枠 【 1 . 0 . 0 . 19 】 連対率5%

 

6枠 【 1 . 1 . 1 . 17 】 連対率10%

 

7枠 【 1 . 2 . 1 . 23 】 連対率11%

 

8枠 【 0 . 2 . 2 . 24 】 連対率7%

 

 

 

若干内枠優勢ですね。

 

8枠から勝ち馬が出ていないのは少し気になります。

 

 

 

 

 

 有力馬分析

 

 

まずは上位馬の予想オッズを見ていきましょう(netkeiba.comより)

 

 

 

1 ルージュバック  3.0

 

2 フルーキー    3.3

 

3 ロジチャリス   4.1

 

4 ラングレー    7.8

 

5 アルバートドック 9.9

 

 

 

もう少しルージュバックが被ってくるとは思いますが

 

連系はフルーキーがかなり売れてきそうですよね。

 

そこに上がり馬のロジチャリスが続く流れか。

 

ではまず1頭ずつ見ていきましょう。

 

 

8341ef0a-s

 

 

 

 

 

ルージュバック

 

 

若い頃からかなり期待されていた馬で凱旋門挑戦とまで言われていた馬。

 

結局そこまでの能力はありませんでしたがオークスでも2着に走っているように

 

この世代の牝馬の中ならば実力は間違いなく上でしょう。

 

個人的にですがデビュー2戦のインパクトがかなりでかかったので

 

この馬は左回りの広々としたコースの方が明らかに向いていると思います。

 

前走は最後の最後に火がついて伸びてきていましたしマイルは完全に短い。

 

1800mは3戦して連を外していませんし距離は合うんじゃないでしょうか。

 

鞍上も戸崎騎手に戻りましたし燃えているでしょう。

 

ただこの馬の弱点は馬群をさばけないこと。

 

ショウナンパンドラのように馬群に突っ込んでいく器用さが全くないため

 

今回も内枠で直線外に出せない状態になると馬券外に負ける可能性もあると思います。

 

 

 

 

 

フルーキー

 

 

なんとここまで20戦して掲示板外に負けたのはたったの1回だけ。

 

その1回も6着でしたので超堅実派の優等生タイプ。

 

今回も崩れることは考えづらいので評価はするつもりです。

 

ただ今回は今まで一度も背負ったことのない斤量58キロでそこがどう出るか。

 

去年のこのレースでは3番人気に押されましたが

 

位置が後ろになってしまって追い込んでくるも届かず4着。

 

ある程度位置が取れれば今回も有力か。

 

この舞台設定も当然合うと思います。

 

 

 

 

 

ロジチャリス

 

 

1600万、OPと連勝してついに重賞の舞台に上がってきました。

 

前走は完勝だっただけに今回はそれなりに人気するんじゃないでしょうか。

 

距離実績もありますし東京コースも得意とする舞台で

 

先行して競馬できるのも強みになりこの舞台ならいきなりでも通用の可能性はあります。

 

ただやっぱり今までやってきた相手が弱いですよね。

 

ここ2走は展開に恵まれた部分もありましたし

 

いきなりの重賞で人気を背負う立場になるならあまり狙いたくないです。

 

今回はフルーキーと2キロ差ありますがそれでどこまでといった感じか。

 

 

 

 

 

ラングレー

 

 

ディープインパクト×ストームキャットの配合でリアルスティールの兄弟。

 

前走はスローペースにやられた感じですが

 

2走前ではエイシンブルズアイに競り勝ったあたりを見ると

 

重賞でもそこそこやれていい感じはしますが問題は距離。

 

もともとクラシックを目指して長い距離を使われていましたが結果が出ず。

 

最近マイルを使い始めましたが1600万、OPと2連勝。

 

この馬のベストはマイルだと思ってしまったんですがどうでしょうか。

 

 

 

 

 

アルバートドック

 

 

前走のマイラーズカップはイン絶対有利の競馬でこの馬は外を回したので度外視。

 

むしろ外からフィエロと一緒に上がってきてあわよくばフィエロを差し切る勢いでしたので

 

力はあることは証明したレースだったと思います。

 

フィエロも安田記念でしっかり巻き返しましたしこの馬も巻き返しの出番か。

 

1800mの成績も( 2 . 1 . 0 . 1 )ですしいけるでしょう。

 

ただ意外にも東京コースが今回初めてなんですよね。

 

2走前の中日新聞杯では初の左回りで大凡走。

 

今回の課題はそこだけでしょう。

 

 

 

 

 

上位陣は絶対の存在もいないですしここは1発狙えるレースになりそう。

 

現時点で面白い穴馬がいるのであげておきます。

 

 

この馬 ⇒  人気ブログランキングへ

 

おそらく距離が短いと思われて全く人気しないでしょうが

 

この距離でも実は実績のある馬。

 

前走は直線ごちゃついて全くスムーズに追えていませんでしたし

 

おそらくスムーズだったら勝ち負けになっていたと思います。

 

この条件でも全然やれて不思議じゃないですね。

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
オキショー

オキショー

このブログでは競馬で勝ち続けるための予想法や感じたこと、そして週末の重賞の予想見解などをガンガン更新していきます。 予想法は妙味重視です。 最終的に盲点となっている馬を狙いうちします。

関連記事

スポンサーリンク

トラックバックURL

https://okisyokeiba.com/wp-trackback.php?p=251